読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

fact beats dreams

「理念なき行動は凶器、行動なき理念は無価値」だってさ

ジョブ制とメンバーシップ制

workstyle 駒崎弘樹

「働き方革命」という本を8年前に出して、時代を先取りすぎて全然売れなかった駒崎さんの投稿「転勤強制は社会の敵」より。

個人的に変えたいと思っているポイントだったので、頷けた箇所をまとめとこ。
===
辞令一枚で転勤させられる国は日本だけ。
他国はジョブ制で、先に働く場所条件の労働契約がある。
日本はメンバーシップ制で、メンバーにするかどうかだけ先に決めて、入社してから辛い条件が次々課される。


以下、見出しと抜粋。

  • 結婚・出産・介護しづらく
  • ワンオペ育児・ワンオペ介護の量産
  • 現地雇用が進まない
  • 企業はフリーライダー
  • なぜ転勤強制ができるのか

 働き方改革の伝道師 小室 淑恵さんはこう語ります。
「実は辞令一枚で転勤させられる国は日本だけなんです。他国はジョブ制なので、先に働く場所条件の労働契約があります。日本はメンバーシップ型なので、メンバーにするかどうかだけ先に決めて、入社してから辛い条件が次々課される。
不必要な転勤を多く課すことで、「お前の代わりなんかいくらでもいるんだぞ」と不安定な状態におき、無理をきかせる社会。そりゃあ少子化にもなります。結婚も切り出せない。」
 日本の正社員制というのは、メンバーシップ制度であり、契約に基づいたジョブではないため、「なんでもしてね。じゃなきゃメンバーじゃないよ」ということが可能だ、という指摘です。まさに、日本型雇用の「病」の象徴としての転勤強制なわけです。


優れた個にならねば。